再入院

朝、8:00頃だったか、昨日の当直の先生が来た。吐き気は、一時的に治まっていて、胃の痛みも少しは楽になっていた。だけど、12時間以上吐き続けたので、体力は消耗し、ひどい脱水状態で、私は少しも自力で体を動かすことは出来なかった。

それから喉がからからで、口の中も乾いてくっついていた。当直医は女医さんだった。「すぐにここはベットが無いのでB病院に移ってもらいます。普通ならタクシーで転移してもらいますが、この方は、動けないと思うので、救急車で搬送します。私もついていきますから」といって去っていった。

私はちょっとびっくりした。先生がついてくるとは思わなかった。それから5分後ぐらいに看護士さんが来て、すぐに、退院の準備をするよう促され、慌ただしく私達は、B病院へと搬送された。救急車の中でも。私は、吐いた。でも吐くものが無く、また、痛む胃がひっくり返って、とっても痛かった。

昨夜はこれを何回やったか分からないぐらい体験した。もう2度と体験したくないけど。

9:00頃、B病院に到着。昨日とはうって変わり、知っている看護士さんや知っている先生がいて安心した。その場で、すぐ先生が診察して、「24時間点滴の絶食で入院してください。水分は取って良いですよ。」と言われ、私はB病院に入院した。とにかく安心して、そのままぐったり横になった。

吐き気はピタッと止まっていた。午後には何とかふらふらしながらも、ベット脇のポータプルトイレに出来た。とにかく想像以上に大変で、自分が一番びっくりした。入院したことにも、あんなに吐いたことにも。

2人部屋しか空いておらず、私は通路側だった。同部屋の方はおばあさん。院長がその人を見に来た。もちろん私も外来でかかっているから知ってる。帰り際に院長先生が私に話しかけてきた。最後に「昨夜は大変だったね~。」と言い残していった。よっぽど当直医の名前を聞いておこうとも思ったけど、聞けなかった。なんとなく。でも昨日の当直医はおかしい。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姪が・・・

この前、七五三を終えた姪の綾香が入院したと知らせが、妹から入った。(゜;)エエッ

髄膜炎だというのだ。(・.・; 両親と「髄膜炎ってやばいんじゃない・・・」と心配で居てもたっても居られなかった。すぐ、神様にお願いづとめをさせていただいた。

さっきまた電話があり、処置が早かったので3日の入院で治るとのことだった。(。-_-。)良かったぁ。あす、巣鴨にいくのでもともと妹と新宿でランチをする約束だった。

予定を変更し母と綾香を見舞って巣鴨に行くことにした。とにかく軽く済んで良かった。一時は障害を持ったら、もし手遅れで命に関わったら、と心配した。。。

良かった。ほんと。今日は綾香の4歳の誕生日。大変な誕生日になっちゃったね。綾香。

ところで髄膜炎のこと知ってる人がいらしたら、、教えてください。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サンメルス整体治療院

午前中。サンメルス整体治療院にいった。首を見てもらった。先生は首を見た瞬間

「こりゃ、かなりの衝撃だったね~。目から★が出たでしょ。」と言った。その通りだった。(*+_+*)

電子針を先生は私の辛い所を、知ってるかのように、見事に当てて、コメカミの所をやってもらうと、それまで重くボーッとしていた頭の前の部分と目がすっきり軽くなった。             (*^V^*)

首の筋も電子針で、すっごく楽になった。さすが先生!

首の筋がパンパンに腫れ上がってるんだって。今日は緩めたからぐっすり眠れるって。(*^_^*)

寝付きが悪いときは、肩の筋肉が張ってる場合があるので、肩をお風呂やシャワーであたため、筋肉の張りを、緩めるとよく眠れるそうですよ。(^_^)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)