« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

壊れた

今日、居間のファンヒーターが壊れたぁ
石油ストーブを代打で使っているが
小さいので暖まらない。

買いに行かなきゃならないけど、売っているのかな?

ミネラルウォーターや乾電池、トイレツペーパーやティッシュ、懐中電灯、石油ストーブは品切れ状態が続いている。


だから売っているのか心配(≧ε≦)

明日は輪番停電やらないようです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月11日

14時56分 地震
朝早く母は関西に出かけていった。

9時 大工さんと電気屋さんが漏電を直す工事開始。
その日、午後から出かける予定だった
しかし9日10日のピア・カウンセリングセミナーで疲れて
出かけるのをやめた

14時30分ころ
台所で大工さんのお茶をヘルパーさんと用意していた

愛猫シロが、なにかちょうだい!!!!と、にゃあにゃあ泣いてまとわりついついた。

海苔をあげてやり過ごしていた。

父が地震じゃないか?
とつぶやいた

おおきい揺れだ

怖い。

シロは固まっていた。


大工さんが安全な場所へ私を連れて行ってくれヘルパーさんもそばにいてくれた
停電した

第一揺れはやみ

床に座り込んだ。怖かった

出かけなくて良かった
ヘルパーさんも大工さんもいて良かったと思った。

また揺れた

父は固まっていた。
すぐラジオと電池を探した
しばらく待ったが停電したまま…
棚だけ金具で大工さんに固定してもらった。
携帯のワンセグをつけたけど、充電がなくなるから、すぐやめた。
やがて大工さんは帰り
ヘルパーさんと棚の上のものをおろしたり、ろうそくを探した

父のへやに石油ストーブをおいたり、妹たちやひとりで家にいる可能性の高い障害者の友人にメールをした。

ヘルパーさんも帰り
父と2人になった。16時すぎ暗くなる前に懐中電灯と乾電池をよるにそなえてかきあつめた。

母に連絡したが繋がらない

父にはラジオを聞いていてもらったが、なんどもブレーカーをみては電気はいつくるんだ?とウロウロしていた
なんども私は地震だからと説明した

17時 ヘルパーさんBがきた。ちょっと安心
暗くなったからろうそくを灯した
府中のおじさんに電話が繋がらない
どうしよう家具に挟まれていたら…

携帯の充電がなくなってきた。たまたまもらったUSB充電器を以前もらったノートパソコンの充電をつなぎ携帯の充電を確保
妹たちや母、おじさんに連絡をしつづけた
妹たちの安否確認とれた。ヘルパーさんに夕食を作ってもらい父と食べた

あたりは真っ暗、停電はいつ治るかわからない。
父が窓を差し隣の家は電気ついたと言ったから、見ると遙か遠くの街の灯りだった。
父には電気がつかないのはうちだけでブレーカーが悪いと思ったらしく、地震で停電したということがなかなか理解できないようだった

軽いパニック状態だ。

じゃあお父さん外に出て近所を見てきてごらんというと
父は懐中電灯をもち出ていった


戻って来た父にどうだった?と訪ねると

真っ暗だな。

と少しなっとくしたかと思いきや、それからなんども父は外に行き、出たり入ったりした。

もし被災地だったら
父はもっとパニックになるんじゃないかと思うと頭をフリーズしたくなった。

やっと母に連絡がついたが、関西はさほど揺れなかったようで

私がお父さんが軽いパニック状態だから早く帰ってきてほしいと言っても

停電くらい大丈夫。お父さんも大げさね…と取り合ってもらえない
なにのんきなことを…!
あ〜温度差がある


もう…これ以上父がパニックしたらどうしよう…父を落ち着かすことができるか?私ひとりで

私は不安だった。
誰かそばにいてくれたら となんども思った

同じくらい私がしっかりしなくては と思った

父も軽いパニック状態だけど必死にこらえていた

府中のおじさんには連絡がとれない
立川の信者さんに家に見に行ってもらうことになったが 渋滞だから、府中警察に依頼した。
それから信者さんからも連絡がなかった
父はヘルパーさんに泊まってもらおうと言い出した。


あ〜不安なんだと思った。

大丈夫。私がいるからと父に言った。

父はそうか。となっとくしたが

それからなんども同じ会話をした。


父に、もうご飯食べたし寝ようと促した。

私もふとんに入りヘルパーさんに帰ってもらった

正直、私もヘルパーさんに泊まって欲しかった。でも彼女の家族が心配する。

真っ暗 懐中電灯が電池がなくなって灯りが小さくなった。

父は眠ってくれた。少し安心した。
真っ暗の中、また
余震が来たら…

どうしよう


ぜんぜん眠れない

急に携帯がなったあわてて出ると 府中警察のおまわりさんからだった 23時すぎだった。
「××さんですね?おじさんの家に知人の○○さんと来ています!なんどもドアを叩いたり呼んでいるのですが、返事がないので、中でケガしている可能性もあります!ドアカギを壊して中を確認しますか?有料ににりますからご負担していただけますか?」

うわぁ大変だ。私が決断しなきゃいけないのね!!

命には変えられない!

カギを壊してもらうことにした


あ〜携帯電池が切れそうだ。

知人○○さんにメールで結果はお母さんがいる教会に連絡してと伝えた。

その後も眠れず、父もなんどもトイレに起きていた。

朝方、やっと眠気がと思ったら携帯がけたたましい音をだした
緊急地震速報のサイレンだ。立て続け3回鳴り渡り寝れなくなった。

疲れた(≧ε≦)
あ〜
と思った瞬間
電気がついた
翌朝5時になっていた停電解除

父も安心したようだ。

おじさんは無事でした。
12日の夜に母も1日かけて帰ってきました。
「私のありがたみがわかったでしょう!」なんて母は言ってましたが( ̄○ ̄;)

こういうときは家族は集まっているのが一番です。
被災地に比べればたかが停電15時間ですが,
私にとって長ーい、大変でたくさん学び
深い1日でした
苦労したとか大変だったと書いたのではなく、障害を持った父と娘(我が家)が地震と長い停電で引き起こった出来事を書き留めておきたかったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

節電効果!?3

なるべくひとつの部屋に家族が居るようにしてます
だから会話がますます増えた


今日アルバムにいわきの友人が写っていた

心配

いつも思ってるから

あした韮崎の輪番停電は15時20分から19時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電効果2

ねえ、今日のワンピース

どれだけたくさんの子供達が見ているだろう。
ひとりでも多くの子供達がみていてほしい

怖かったことなにもかも忘れて
みていてほしい

東関東大地震すぐ15時間停電したときから石油ストーブを使っている やかんをかけて煮えたぎったお湯でお茶を入れたら
まぁおいしい
(-^〇^-)

電気ポットやめました。
魔法びんに余ったお湯をいれ

湯たんぼにもいれます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停電効果?!

今日は便座カバーを買ってきた!
これで便座の電熱を切ってもヒヤッとしない

やっと携帯電池パックGET

連日の停電で早くねむくなる(-.-)zzZ

疲れているのも確かだ。

早寝は節電につなかる!(b^ー°)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非難

原子力発電所が厳しい状態になっている。
放射線を考え 青森の親戚もうちに早く非難した方がよい気が

私はする(・o・)ノ

気体は眼には見えないですから
明日の韮崎の輪番停電は12時20分から16時 みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原子力発電所

あの…・思ったんですけど・・・・ニュースで原子力発電所の作業員50名は残留って。この50人の人が日本人いや人類の命背負って最前線で食い止めてるんだ!って思ったら、泣けてきた。

この人たちのおかげで、まだこのくらいで食いとどまってる。とも言える…。
尊い尊い犠牲・・・・
無事を祈ることしか、私にはできない・・・・。
そして、次へつながなきゃいけないですね!繰り返さないように!!!

余談ですが、味噌や自然塩、とろろ昆布は良いらしい。被曝に対して。


さっきかなり揺れたよ!怖かった!無事です

明日16日 韮崎 輪番停電18時から22時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝

青森の親戚と電話がつながり、無事を確認

よかった~。安心です。

あす、韮崎市

輪番停電、12:40~15:40のところと

14:10~17:10のところです。

できることをさがしてやろう!

小さくても良いから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安否

昨日から、親戚に連絡をとっていいる。

青森だけはつながらない。

心配。。。

もし無事ならコメントください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕悪くないです男代暴走!?

以前
遭遇した3にんの男たちの話の続編です(>_<)
続けたくなかったなぁ。

その男 急激に彼女がほしくなったらしい。

3年前、私と2人の女友達(ちぃちゃんとかぁちゃん)とその男と飲みの席を設けた

その帰り私は女友達をどう思うか聞いてみたが、その男は興味なしという感じたった

最近になり ある雪の降る駐車場でかぁちゃんはその男に呼び止められ
「あのぅちぃちゃんには彼氏いるのでしょうか…僕前から気になってたんです」

雪の降る中聞かれたかぁちゃんはいますと答えるとそそくさと帰っていったという
失礼な とおもいきや
一週間後、その男は私に電話してきた 「あのぅこの前飲みに行った、かぁちゃんにちぃちゃんに彼氏いると言われました…」

私が「それでなにが聞きたいの?私に」 と聞くと

「あのぅだからちぃちゃんは彼氏いるのでしょうか?」

と男は聞いてきた

はあ?なに…


私はいますと答えると男はそそくさ電話をきった

なに確認?かぁちゃんにも聞いたのに
信用してないってこと?
それになにいまさら

あーって、おもいきや

一昨日、その男はちぃちゃんに直接

「彼氏いるのでしょうか?」
と聞いてきたのだって―(>_<)

かぁちゃんや私に聞いたじゃんか
なんできいたの
信用できなかったの?
最初から直接聞けば良いじゃん?

なんじゃあ
まああきらめつかないのかもしれんが〜

もうおそいよ。

あー大暴走だあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »