トップページ | 2005年9月 »

2005年8月

わく完成

050910_17120001 こないだ木枠を作ったものに今日はヘルパーさんと両親で網をはった。ペンキを塗ったらとても立派なものが出来た。これであとはドアに設置すればドアを開けても猫が出ない。

つくづく思うけどうっちに出入りしているヘルパーさん達は素晴らしいと思う。

それから話は変わるけど雨が降ったらとっても寒かった。秋がどんどん近づいてきている気がする。半袖では寒くていられないぐらい。

まだ体が疲れていて、背中が痛い。8月も明日で終わりという間の夏でした。

選挙が公示されました。さてさてどこに入れようか?どこにしても同じのような。(?_?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

疲れがとれない

今日も体調が悪い(∋_∈)天理から帰ってきてからずっと体調が優れない。だるいし、今朝は体のあちこちに湿疹みたいな、赤い発疹が出てきて、とてもかゆい。(@_@)

たまたま内科の受診日だったので、先生に相談したら、多分疲れからくる、あせもの一種だと思うよと言われた。

やっぱり天理の疲れが、今日も続いているようだ。朝も起きられないし、よく考えたら、天理からずっと発疹がでてる。

やっぱり相当体には負担がかかったみたい。それもそのはず、天理ではほとんど寝てないし、かえってからも出掛けっぱなしで体が休まる暇がなかった。疲れるはずだわ。

来月はちょこっと休みたいなー。そうだ下部温泉に行くことになったからそこでゆっくりと休もう。無理はやっぱり出来ないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌の練習

今日は9月23日に行われるFantasiaで歌う歌を練習した。卓ちゃんバンドとトモヒロくんと私で3時間練習をした。まず卓ちゃんバンドから練習をし、次に私の歌の練習をした。トモヒロ君はドラム担当で、とてもかっこよかった。

卓ちゃんも今日はノリにのっていて、声も絶好調に出ていた。私は、ジャンベ(アフリカの太鼓)をたたいて、参加した。最初は手で叩いたけど途中で足で叩くことにした。

私の練習はたった10分で終わって私はちょっと拍子抜けだったけど、他のメンバーに言わせると今度歌う「チャンス」という歌はラップだから大丈夫ということだった。

音楽ってすごく楽しくて、わくわくしてみんながすぐ仲良くなれるから大好き。本番はどうなるかちょっと楽しみ。050828_1448 050828_14412   050828_1442 050828_14422 050828_16011 050828_14413

| | コメント (2) | トラックバック (0)

疲労困憊

午前中ギリギリまで寝て12:00から甲府の文学館へ、障害者自立支援法案の説明会に出掛けた。今日の講師は元厚生労働委員の人だったので、興味深く話を聞いた。沢山の人が訪れていて、改めてこの法案の関心度が、高いことを認識した。

そりゃそうだよ。障害者の生活を根底から揺るがすものだから。質疑応答の時間になるとやはりサービスの1割負担についての議論が集中した。多くは反対の意見で、やはり収入が少ない人達から負担額を要求するのはいかがなものかという意見や、今後の生活にとても不安を抱えている。という意見が次々と上がった。

切実な問題だけにとても後味の悪い感じで終わった。私も他人事ではなく、来年から生活からどうなるかとても不安だ。何とかならないのだろうか?
不安が増幅した。家に帰り夕食を食べて、倒れるように私は眠った。つかれた~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天理~韮崎

朝6:00に起きて、7:00に詰め所を出発。今日は、1人で帰るところだったが、Fさんが、私の為に、自分の予定を変えて、私に韮崎まで付き添ってくれることになった。1人で帰るより、とても身体が楽なので 助かった。もし私が1人で帰るとしたら、母と別れて、韮崎駅に迎え

に来てるヘルパーさんに会うまでの7:00~15:00までの8時間の間、食べることも出来なければ、水分を取ることも出来ないので、飲まず食わずで、過ごすことになるのである。それは、とても身体に負担がかかり、とても疲れる。今まで何度かやってきているがかなりきつい。

だから、Fさんには、とても感謝している。7:38発の列車にのり、天理駅から京都まで行き、京都9:15発の高速バスに乗った。お昼の高速バスは、3回休憩があり、内1回はお昼ご飯休憩で40分あったが、私達はトイレに行くだけで20分かかってしまい、食堂で食事を取り始めたのが、休憩時間残り10分だった。案の定食事の途中で、休憩時間が終わってしまい。

半分食べることも出来ずバスに戻った。せめて、50分間ぐらいは休憩時間があると良いなと思う。移動するだけでも車椅子だと何かと時間がかかってしまうから・・・。
15:00無事に韮崎駅に到着。私だけ降りて、Fさんはそのまま甲府駅までのって行った。付き添ってもらってとても助かった。ありがとうございます。

5分ぐらいしてヘルパーさんが迎えに来て、私は家に帰ることが出来た。家に着くと、どっと疲れが出て、私はそのあと爆睡した。
障害を持つ私が1人で天理から、韮崎まで帰ることは出来るが、それがどんなに大変なことか 知る人はとても少ない。本人の私でさえも大変だとはついこの間まで思っていなかった。(思ったらやれないけど・・・)

でも、Fさんがこの炎天下のなか8時間も水分をとらないのは、とても身体に悪いし、しんどいでしょ!?と言ったとき、私の大変さを分かってくれる人がいたことにうれしさを感じると同時に、とても大変だなと認識した自分がいた。それがとても今回収穫だったと思う。

月次祭なのに。天理に来てるのに。おつとめに行けなかったのは心残りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なが~~い一日

朝6:00京都駅到着。8:00天理駅着。休む間も無く9:00今日の付添をやってくれるボランティアのKさんとあった。あってすぐ、神殿に向かい、10:00に教庁につく。集合場所が、分からず、少し迷ったが、何とか、みんなと合流出来た。それから12:30まで、天理教教会本部、福祉小委員会に出席した。

障害者の立場から、今の、天理教について、もしくは、本部のことについて意見を、聞かせてもらいたいという小委員会の、委員の皆さんの申し出を受けて、私も障害者の代表として、東京教区のまこと会の代表として、選ばれた。私が、選ばれるなんて思ってもいなかったのでとても驚いたし、一度辞退もしたのだが、どうしてもと言うことで、過密スケジュールの中、委員会に参加した。

夜行バスでは、やはりゆっくり寝れず、体調は最悪の中参加だった。教庁の中にいることが、まだ信じられなかった。教庁なんて、天理教の教会長の中でも限られた人しか出入りしないところだから、私なんか縁がないところだし、ましてや障害者の意見を直接聞いてくれる機会など、おそらく初めてのことだと思う。

それに私が関われたことは、あり得ないことと言うか、信じられない。1人10分ぐらいの持ち時間で、困っていることや、改善してほしいことまた、思いのたけを語った。それぞれの人にそれぞれの思いがあって、それを聞いたことが、とても勉強になった。私は凄く緊張したが、何とか、いいたいことをいったような気がした。滞り無く会議が終わり昼食を食べて、ボランティアのKさんと商店街を帰った。

今回は、母と別行動を取らなければならなかったので、ボランティアのkさんには、とても感謝している。彼女が、いなければ私は、小委員会に参加は出来なかった。ギャラリーの写真展に立ち寄り、そこで母と合流しボランティアのKさんとは分かれた。帰りに、母と先月二部式の浴衣を買った店に立ち寄ると、まだ、その浴衣が売っていた。

店のおばちゃんが、私のことを覚えていてくれて、浴衣の在庫を聞くと、嬉しそうに置くから出してきて、真っ赤な浴衣を進めた。私は、真っ赤すぎて、派手かな?と思っていたが、おばちゃんは、「絶対赤や、ようにあってるし、赤は若いうちに着なあかん」と、強引に進められたので、つい買ってしまった。そのあとおばちゃんと1時間位世間話をして、詰め所に帰った。早速寝ようと思ったが、もう夕食の時間で結局寝れなかった。

夕食を食べて寝よう可と思ったら、今度は、来客が来た。その人は私が今日あんまり寝てないということを知っているはずなのになかなか帰ってくれず、私は、心の中で、もう眠いよ寝かせてくれ!頼むから寝かせてくれ!と叫んでいたが、その人には届くはずもなく、2時間位延々と喋って帰っていった。時計を見るともう22:00だった。明日私は山梨に帰らなくてはならない・・。やっと眠ったのは23:00だった。とても長い一日でした。
(x_x)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夜から天理へ行きます。

午前中、甲府圏域の「福祉有償運送」のシンポジウムに行って来た。朝、寒かったから厚手のジャンパースカートに七分袖のブラウスで行ったら、出掛けるときには、カッと晴れて甲斐市はあつかった~

福祉有償運送はタクシー会社の兼ね合いや2種免許取得等、難しい問題があって、用意にはできjないけど、ないと絶対困る。

今夜から26日まで天理へでかけています。m(__)m

| | コメント (1) | トラックバック (0)

猫といたちごっこ

今日はヘルパーさんと一緒にドアの前につける柵の木枠を作った。050823_21340001

作る前は結構大変だと思っていたし、ヘルパーさんと両親も大変だといっていたけど色々作り方を考えて、ヘルパーさんにお願いしたら、これだけの木枠を2時間で作り上げた。本人も信じられないようだったけど、本当にすごいと思った。後はこれを緑色のペンキで塗ってあみをはるだけだ。

なぜこんなのをドアにするかというと、ご近所の家に家の猫が入ってしまったため、日中は猫を部屋から出せないのだ。だけど日中暑いから部屋のドアを開けないとかなり暑い。しかし網戸では猫が簡単にすり抜けてしまい部屋から出ちゃうのです。これまでにも普通のサッシの網戸は破られ、→網戸を金網に変えた。部屋の境にアコーディオンカーテンをつけて私が部屋を出入りするときに、猫が出るのを防ぐためにつけたり、ドアの網戸に板を立てかけたりもしたけど、ことごとく猫に脱走されてしまった。そこで思いついたのがドアと同じ大きさの木枠を作って網をはる作戦これがあれば、ドアを開けても猫が出ないはず。

果たしてうまくいくだろうか。

しかし私のヘルパーさんは、良くやってくれると思う。しかも器用。

今日は雨が降って、とても涼しかったでも午前中はちょっと蒸し暑かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう秋がすぐそこ

2005 今年最後の新府のももです。美味しそうでしょう。今日はスーパーに買い物に行ってさんまを買いました。もう秋だなぁーと感じました。 2005

それにしても今日はめちゃめちゃ蒸し暑かった。

庭には、女郎花(オミナエシ)の花が咲きました。そしてツクツクボウシが鳴いています。もうすっかり秋ですね。猫たちもそれを感じているのかな?

それと今日はとても良いことがありました。25・26日と天理へ行くのですが、その時の付添がなかなか見つかりませんでした。しかも帰りは1人で天理から山梨まで帰らなければならなかったんですが、思わぬ所から助けの船が出ました。しかも帰るとき天理から家まで付き添ってくれる人が現れました。そしてその人はもっとすごいのは、私が1人で何時間も電車やバスに乗るとき、一番大変なのがトイレです。それに1人では食べることも飲むことも出来ません。そしてトイレに行く回数を減らすため、電車に乗る日はあえて水分をとりません。たいていの身体障害者は、そういう工夫をして遠出をしている。でも正直に言うと夏の炎天下に何時間も飲まず食わずというのはかなりきつい。それをその人は分かっているから、だから、自宅が静岡なのにわざわざ、私の家まで付き添ってくれると言ってくれたのだ。

それを聞いたときとても嬉しくて胸が暖かくなった。そういうことを分かってくれる人が現れたことがとても嬉しかった。そして同じ障害を持つ先輩と電話でこのことを話したとき、本当に1人で出掛けるって楽しいけど、体が辛いよね。でもそれをつらいと感じないでいたよ。

それは1人で出掛けるのは当たり前と思わされていたから、1人で出掛けるための苦労は苦労に入らないと思わされていたからだと思う。それともう一つもしそういう辛いということを周りに話しても、それは愚痴やわがままとしてしかとらえてもらえない時期もあったからかもしれない。

でも今はそうやって私達の辛さを分かってくれる人々が現れたということだから、場合によってはそういう辛さがあるということも、周りに伝えていく必要があるんだなぁと2人で話した。それを伝えるにはかなりのエネルギーと自分が傷つくことがあったとしても、大切なことかもしれない。そういうことから周囲に障害者を理解してもらうことにつながっていくのかなぁーと思った。2005 2005 2005 2005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筋肉痛はなかったけれど・・・

今日も朝起きれなかった。ねこに起こされて、時間を見たら10:30(∋_∈)昨日の疲れもあるんだろうけど、ここ数日、朝が辛いし起きると決まって腰が痛い。。(--;) ウーン・・・山登りのツケかな?・・・・?

今やっと本調子に戻ってきた感じ。もうすっかり穴山は、風吹いて、半袖半ズボンじゃ肌寒いです。

ビデオたまってるんだよね。スローダンスとか1話から見なきゃ!

きょうはひさびさにのんびり休日を満喫してます(^_^)v 両親とコーヒー飲んだりしてね。

ゆずBESTをききながら、、、うーん(o^^o)良いねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フォーラム

山梨県聴覚障害者協会主催の障害者自立支援法案を考えるフォーラムに行って来た。県議会議員や県障害福祉課の職員もいた。

聴覚障害者の皆さんの苦労や置かれている状況がわかり、勉強になった。手話通訳の必要性や手話通訳の専門性の重要さなどや、手話通訳には3段階レベルがあり、

手話通訳士・手話通訳者・手話通訳奉仕者(左に行くほど専門性が高い)など知らないことばかりだった。コミュニケーションがとれない辛さ、不便さがよく分かった。その点では良いフォーラムだった。

しかし、肝心の障害者自立支援法の議論は薄く、しかも聴覚障害者、当事者からは意見や質問がひとつも出なかった。残念でしょうがない。というかふにおちない。せっかくのチャンスだったのに。。。

でも聴覚障害の方々との接点が出来たので良かった。

昨日買ったコーヒー超おいしい!深入りって言うから苦いのかと思えば、コクが深くて口当たりまろやかで、飲みやすい。ブラックでもいけます。

フレンチローストブレンドっていう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒー豆

今日は白州町にあるケルンにいって来ました。前から行きたくてやっと念願がかないました。

何を隠そう私はコーヒーが大好き!ヽ(*^。^*)ノ毎日2.3杯は欠かさず飲みます。

コーヒーメーカーで落とすのが好きで、牛乳とお砂糖をたっぷり入れるのが大好きです。ちょうど豆がきれていたので、色々店を変えては豆を買って試しているのですが、ケルンのコーヒー豆は美味しいと評判なので、一ヶ月前から行きたかったのです。しかしなかなか行く機会が無かったり、時間があってもお金がなかったりしてずっといけなかったんです。

店は豆やさんと喫茶店に分かれていて豆やさんいくと沢山の種類の豆があってどれを買って良いか分からなかったので、店員さんにきいて牛乳に良く合うフレンチブレンドという豆をかいました。牛乳を入れる場合は深入りロースト豆が良いんだそうです。

帰りに喫茶店で白州豆コーヒーのまろやかテイストを飲みました。とってもすっきりした味でした。それはほろにがテイストもあります。

まだかってきた豆は飲んでないので早く飲みたいです。

次にヘルパーさんが入るのはいつだっけか・・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

携帯を買ってもらった

今日お母さんに携帯を買ってもらった。しかもauの最新型CASIOのW31CAです!

今まで最新版を買ったことがないので超嬉しい、さらにお母さんが買ってくれたのでもっと嬉しい。

この携帯でパソコンサイトも見れるしカメラも320万画素でちょっとしたデジタルカメラを買ったのも同じ。いろんな機能があるのでさっきからあちこちいじっているけど全部使いこなすのは多分不可能。

なるべく沢山の機能を使いこなしたい。(=^0^=)

そうだ今日はチャングムがそろそろやるので今日はこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

I家の食卓

Iさんちの夕食をごちそうになった。カレーとなすの焼いたもの。どちらも、とってもおいしかった。

箸で豆をつかめるのが、発覚。(!o!)オオ!すごいけど・・・剥奪だぁ。携帯メールが打てるのも剥奪対象?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすがにぐったり

今朝は昼間で寝たかったのにーー猫どもが騒いで9時には起こされた。(。>。<。)

だるい。。。ビデオ見なきゃ。HDDがいっぱいだ。(PSX)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れた

昨日、人生初めての登山に挑戦し、見事、歩いて登り切りました。さすがに疲れて今日はお昼まで寝てました。(-.-)zzz

でもまだ筋肉痛が来なーーーい。

今日も暑かった。

それから今日は終戦記念日です。今年は特に60年ということで様々なイベントやテレビ番組が放映されています。やっぱり戦争は繰り返してはなりません。そのことを伝えることが大切なことだと私は思います。世界では未だに戦争に苦しむ子供達がたくさんいます。

皆さんも戦争について友達や家族と話してみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やったー

2005 今日は朝3時に起きて美し森に登った。お天気も良くそれほど寒くなくて良かった。(とは言ってもジャンパーに長ズボンじゃないと寒いけどね)

朝3時はまだあたりが真っ暗で、というか夜だよね!早朝登山に美し森へ出掛けた。美し森は階段を登って展望台を目指すハイキングコースで裏から車でまわって山道を歩いても展望台に行けるところだ。

私はこの日のために、1ヶ月半前から歩く練習をしてきた。買い物や外出時に今までは車椅子でいっていたところを歩くようにしたり、リハビリでは筋トレマシーンに10分間欠かさず乗ったりしてきた。その成果がいよいよ今日明らかになる。今回私はあえて山登のプログラムを選んだ。他にも川下りや野宿、カヌーや沢登りなどがあったが、私は、自分の体力を試したかったのだ。19の時腎臓疾患になってから車椅子で居ることが多くなり会社を辞めるときは手放せなくなっていた。そこから抜け出したかったのだ。

早朝山登りの目的は展望台で日の出を見ることだ。私以外のみんなは歩けるので下から階段を登って展望台を目指す。私は車で裏道から展望台をめざす予定だ。でも本当は私は最初から階段を登りたかった。しかし車椅子を担いで登ったり私を担いで登ったりする事が予測されたし、安全面から主催者側に迷惑をかけると思ったので、とても言えなかった。

主催者側は多分山道を車椅子で押して行くつもりだったようで、私のお付きは男性4人に女性1人の計6人で登った。しかし私は車を降りてずっと歩いた。両側で手をつないでもらわないとつまずいてしまう位のでこぼこ道で少し怖かった。最初は薄暗かった空もだんだん明るくなり、鳥のさえずりがとてもきれいだった。私の前に2人歩いて両側に2人、後ろは車椅子を押して1人で歩いていった。仲間と話しながら歩いたおかげで、疲れなんか感じなかった私は2回休憩するだけで、あっという間に展望台に着いた。

展望台の景色はとてもきれいで、山々の間に霧が張り出してそれがベールみたいでとてもきれいだった。人生初めての登山、頂上に着いたときの達成感はとてもすがすがしく感じた。そうこうしているうちに日の出が始まった。あの日見た景色とお日様のあたたかさは一生忘れない。2005 2005 2005

多分当初の予定では、来た道を戻るはずだったが、下りるときはなんとみんなと一緒に下りることになった。成り行きでみんなと一緒に階段を下りると言ったが、歩き通せるのか内心不安だった。車椅子も先におろしてもらっちゃったし、自分で追い込んだのでチャレンジするしかなかった。でも仲間と話しながら歩いていたら、もう終わり?という間に下に着いてしまった。その時はとても嬉しくて信じられなかったけど、気が抜けたら私は地面に座り込んでいた。汗が一気に吹き出した。こんなに歩けたのがとっても嬉しかった。

でもこんなに歩けたのはやっぱり仲間が、いたからだと思う。きっと私だけだったら途中であきらめてしまっただろうここまでがんばれたは大好きな仲間と一緒に歩きたいと思ったからだ。

今回日の出を見れたことも良かったが私にとってはこれだけ歩けたことは大きい収穫だった。去年のキャンプでは車椅子から降りれなかった私は信じられないことだった。無謀な計画だったが、もう一度自分の体を信じてみたかったのかもしれない。でもこればっかりはやる気ではどうにもなることではない、年齢からくる体の衰えも関係しているからだ。きっとこの時期だったから成し得たことだろう。これだけ体力が回復したということが証明出来た。

だからみんなの発表の時、泣きそうで涙をこらえるのが精一杯だった。

とても貴重な体験が出来てよかった。

うちに帰って両親も喜んでくれた。そして親として子供に体験させれないことを体験させくれるキャンプに感謝すると共に、何より私の体力が回復したことをとても喜んでくれた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キャンプ

8月13日晴のち雨のち晴

毎年恒例のフォレストインキャンプ(障害者キャンプ)、当日になった。

朝からシャワーを浴びて行く支度をしていたが、寒いので長袖長ズボンの重装備で出掛けた。キャンプ場は清里にある青少年自然の家だから、夏でも寒いときはジャンパーを着ないと寒くて居られない所なのだ。しかし家を出るときには、ピカッとお日様が顔を出し一気に暑くなった。だけどキャンプ場に着くと木陰が涼しくて長袖でちょうど良い気温だった。

今日から1泊2日間、淑徳大学の野外活動の生徒達と一緒に過ごす。そのOB達とは親友だからゆっくり話せるのもキャンプの楽しみだ。最大の楽しみは山登りや川下りやテントで寝るということも、障碍を持っているとなかなか経験できないことで、親もさせたくても時間の都合や体力の限界などでさせることが出来ない。それを体験させてくれるのが最大の魅力だと私は思う。

1日目は雨こそ降ったけどプログラムは影響はなく、ハイキングとキャンプファイヤーは無事終わった。とっても楽しかった。ハイキングでは次の日の山登りに備えて、なるべく歩くようにした。ちょっと疲れたけどわりと歩けたので、明日もいけそうだなーと思った。

それよりみんなとの楽しい話が楽しかった。

そうそうキャンプファイヤーでたけしが披露したジェットコースターはおもしろかった。

明日は3時起きだ。

|

トップページ | 2005年9月 »